■第42代連盟委員長 川﨑龍生■

明治大学生田硬式庭球同好会連盟 第42代連盟委員長を務めます、SHANDYの川崎龍生です。

生田連盟には、年2回行われる生田オープン(春季個人戦)、生田カップ(秋季団体戦)の大会運営などを通して、生田校舎内のテニスサークルの交流を深める一つの目的があります。

今年度をもちまして、明治大学生田連盟も42年目を迎えます。この長きに亘る生田連盟も、諸先輩方の精力的な活動のおかげで、未だに存続しているのだと思います。

今年度は、先輩方が築いてきた生田連盟を、さらに飛躍させて参ります。具体的には、年2回で開催される大会、この大会の参加人数を増やしていき、生田の全サークルを巻き込み、生田連盟の存在を学内で更に認知させていきたいです。

生田連盟を更に大きくするためには、加盟しているサークルの皆さんの力が必要不可欠です。前年度の委員長挨拶と重なる部分ではありますが、それぞれが自分のサークルを盛り上げ、元気づけることが、生田連盟の活性化に直結します。

私が1人で生田連盟を盛り上げることはとても難しいと思いますので、役員のみんなや、各サークルの方々も積極的にアドバイスなどがあれば、いつでもお声をかけて下さい。よろしくお願い致します。

最後になりますが、日頃より生田連盟にご協力頂いておりますスポンサー・関係者の皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。今後とも、ご指導ご鞭撻賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

平成24年3月29日
明治大学生田硬式庭球同好会連盟
第42代 連盟委員長 川崎 龍生