■連盟活動の健全化に係る宣言■

小連盟は学生運動の影響を受け、連盟会計より学生運動組織(革労協解放派)へ拠出金を計上している時期がありました。当然大学当局との対立関係が成立し、大学当局からの独立性・自治性を保全・要求すべく、非公認の学生自治組織として先の30年間間接的に学生運動に加担し、連盟活動を展開して参りました。

 

独立意識・自治意識は、共に携えるに必要な精神であります。しかし、これらを歪なまでに拡大し要求してきた先時代の反省も、認識すべきと考えます。

 

今後は時代に即した組織として、政治的思想を帯びない学生自治組織として、公正な連盟活動を展開することで課外活動へ積極的に参画し、学生サイドから課外活動の発展に寄与して参ります。

 

2002年2月

明治大学生田硬式庭球同好会連盟

 PREV. TOP NEXT >