『自粛』ではなく、活動できることに感謝して。

 東日本大震災の被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。大変な状況におられることとお察しします。

 

 昨今の大震災では、小連盟の主催大会も開催が危ぶまれました。また、一般に自粛の動きが多く見られたため、大会開催の是非について深考しました。自粛すべきか、はたまた今までどおりやるべきか。

 

 その結果、小連盟では単に自粛するのではなく、大会開催に十分な環境や条件が与えられていることに感謝して、そのことを思いつつ大会を開催することに考え至りました。

 

 取り組みの一環として、大会会場おける募金活動、並行して加盟サークル内でも募金活動を行いました。額は数万円を数え、2012年1月、全額日本赤十字社へ寄付させて頂きました。 

 

担当:平成23年度 第41代会計監査 蟻川裕一(TWINKLE)

 PREV. TOP NEXT